読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Never Ending Wonderful Story

振り返らず前に進もう もしまた迷っても向こうへ

ある自称古株山下担の主張。


一昨日から月9ドラマが始まった。「5時から9時まで 〜私に恋したお坊さん〜」主演は石原さとみ。その私に恋したお坊さんというのが山下智久くんなのだ。
初回の視聴率は12.6%。まあ特別良くもないが、とりあえず2桁を切らなくて本当に良かったと思っている。
詳しいあらすじは番組HPを見ていただきたい。→5→9 ~私に恋したお坊さん~ - フジテレビ
簡単に言うと山下くんの方がずいぶん積極的に(良い表現が思いつかない)アプローチしていく。(たまにやりすぎる)
つまり、石原さとみ側としては追いかけられる側なのだ。
今回のドラマ出演に際して原作の漫画を読んだが、これはもしかすると当たるかもしれないと思った。
案の定、Twitterや私の周辺の人たちで好評みたいで、「やまぴーにあんな風に追いかけられた〜い」という感想が多く見受けられた。
そして、世間的に「やっぱり山ピーかっこいいよね〜好き〜」という雰囲気を感じた。
私はドラマが放送されてからずーっとトレンドに山下くん関係が入っていて随分tweetを見たが、ここで素直に嬉しい気持ちと違和感とが半々ぐらいの気持ちだった。

素直に嬉しい気持ちは、単純に山下くんが再び良い意味で注目されて(ここ数年は悪い話題ばっかりだった)また人気が上がってくれるのではと期待する気持ち。
そして違和感とは私は一応自称古株の山下担である。野ブタの頃から見始め、NEWS脱退のあのバッシングを目の当たりにした。NEWS担の子はまだしも、世間(主にTwitterとヤフコメと私の周りの友達)が、執拗に山下くんを叩くのだ。
あの時、本当にNEWS担だった子はまだわかる。しかし、全くNEWSのファンでも何でもなかった人までが、「残された4人が可哀想。」「4人を捨てるってこと?」「錦戸はわかるけどなんで山下が?」「思い上がりもいい加減にしろ」等といったコメントを残していたのだ。
私は前にも言ったが、山下くんのNEWS脱退はもちろん人生で1番悲しかった出来事だが、それと同じぐらい山下くんが叩かれているのが辛かったのだ。
好きな人を叩かれているのを見るのはこんなにも辛いのだと、その時初めて知った。

あれから4年が経つ。その間には派閥問題があったり、書類送検事件(未だに納得いってない)があったり、色々なことがあった。
おそらく1番ファンが多かった全盛期から比べたら今山下担を名乗っている人はどれぐらいに減ったのだろうか?
NEWS脱退でNEWSの他のメンバーに降りた方が多数いるし、ここ最近は歌を出していないため、夏や冬の歌番組にさえ出演していないし、もちろんコンサートも去年・今年とやってないし、この前放送されたアルジャーノンは演技が批判されまくってたし、正直新規が増える要素が全くない=減っていく一方で全く増えてない!と私自身感じていた。
最近は山下くんが叩かれるのがデフォルトになって慣れてしまっていたし、あまり楽しくなかった。
だから、今回のドラマでまた人気が出てくれるのは本当に嬉しいけど、でも、ずっと応援してた私からすると世間の皆さんの手のひら返しに少し戸惑っているというか、違和感がある。

おそらく(っていうか絶対)山下くんは今までどんなことを言われてもまたみんなが「かっこいい」とか「好き」とか言ってくれることを喜んでると思う。私もみんながやっっっっっっと山下くんの魅力に気付いてくれたのかと思ったら嬉しい。

でもこの心のモヤモヤは晴れそうにない。おそらくドラマが続いていくにつれ、「さとみちゃん可愛い」と「山ピーかっこいい」という声は高まっていくだろう。
このドラマが終わった頃にまた世間のことについて書きたい。
今回は酷い手のひら返しに黙っていられず、思うがままに1600字も書いてしまった。
この記事公開したら叩かれたりするのかなあ...とビビってる。
まあなんだか上手くまとまらないけど、山下くんが人気出てくれれば嬉しいはずなのにな〜