Never Ending Wonderful Story

振り返らず前に進もう もしまた迷っても向こうへ

何事もメリット・デメリットを考える~ジャニヲタカミングアウト編~


突然ですが、皆さんは自分がジャニヲタであることをどこまでの人に話していますか?
私は正直に話している人と、話していない人と分けています。それについて書きたいと思います。

まず私は野ブタ出の山下担です。野ブタは私が小4か小5の時に放送されてました。そこからファンになって雑誌を買うようになりました。小学校では、完全にジャニヲタである、と話していました。これについての最大のメリットは他担の友達と切り抜きの交換が出来たことです。あの時は私の周りにジャニヲタ本当に多かったです!だからお小遣いが少ない小学生の私にとって切り抜き交換が出来たことはとても有難いことでした。
ただ一方で、クラスの男子にからかわれたり、女の子からも(山下担は1人だったので)やまぴーのことをからかわれたり...少し煩わしい思いもしました。
「なんで好きなん〜?」っていう質問もう、本当に飽きた。上手く答えれないし、大真面目に答えたら絶対からかわれるし、「え?もうなんで好きになったか忘れたよ〜。」と答えてました(笑)

中学校になっても、小学校の時と友達は同じなのでここはもう自分から言わなくても普通にもうみんな知ってました。ここら辺に来ると私以外のジャニヲタだった子はみんなヲタ卒。それぞれクラブとか遊びに熱中するようになって誰も雑誌を買わなくなりました。
それに対して男子たちのからかいはどんどん大きくなっていき、本当に山下くんについて聞かれるのがめんどくさくなりました。
今思えば中学校は全て黒歴史。あんまり思い出したくないことばかり。でも唯一良かったのは今でもすごく仲いい親友と出会えたこと。その子は今はヲタ卒しちゃったけどデビュー前のキスマイ担だったのでジャニーズがきっかけで仲良くなれた。良い友達に出会えるのがジャニヲタで良い事だと思う。

高校は、地元から遠い所に行ったのでジャニヲタだということは自分から言わない限りバレない環境でした。でも3年間同じクラスでしかもその内の9割が女子だったので自分から言いました。もう雑誌の切り抜き交換とかはしなくなったけど親友が嵐担だったので一緒にジャニショに行ったこともありました。まあ、楽しかったけどやっぱり1人で見に行った方がゆっくり見れたかなあ(笑)それに山下くんが脱退した時にほぼ泣きながら電話して辛い想いを真剣に話したけどあんまりピンと来てなかったみたいで割とショックだった。普通に流された感じだった.....。
高3になると、まだそんなことにお金使ってるの!?みたいなことを何回か言われてキレそうになったし、言わなければ良かったかなあって思った。

で、今、大学。高校から何人か一緒に大学に来たので全くバレてない訳ではないし、リア垢のプロフィールに山下智久って入れてるから多分みんな知ってる。でも特にそのことについて私もみんなも話すことはない。うん、平和。すごい平和。たまに世間話程度にジャニーズの話をすることはあるけど、全体的にとぼけてる。知らない振りをしてる(笑)これ、本当に楽だね。突っ込まれることもないし。「へえ〜、そうやったんや〜」で、終わる。ノンストレス。

バイトでは、自分から言ってなかったけど大好きな先輩が「最近NEWSにはまってるねん〜」と言ってきたのでそこでカミングアウト。割とガチな山下担である、と言って今までのDVDを貸した。今回はその人にしか言ってないし、もちろんからかわれたり、嫌なことを言われるはずもないし、むしろNEWSの話で盛り上がれるなんて今まで母親以外で有り得なかったからすごい嬉しい!!話して良かった〜\(‘ω‘)/

そして、家族はもちろん知ってます。そもそも山下担になったのは母親の影響だし、コンサートは母親と入るので。でも最近雑誌買いまくってることとかこの前から心斎橋で1万円ぐらいグッズ買ってることとかは言ってない(笑)バイトして稼いだお金だから口出される筋合いはないけどね!!でも一応のために黙ってる(笑)

最後に.....ちなみに最近V6にはまってることは家族含め友達誰ひとりにも言ってないです。理由はお母さんも友達もあんまりV6に興味無いし、話したところで盛り上がらなさそうだから。V6への気持ちは1人でフツフツと温めてます。DVDも1人でこそっと見てます。今の待受最高に可愛い健くんなんだけど、多分まだ誰も見て無いと思う。

最終的にまとめると、これからの人生ではまずジャニヲタであることを隠しておいて、もしカミングアウトしてメリットがありそうだったらおいおい発表していこうと思います。

P.S.  最近Twitterのアンケート機能にはまってます。今回のブログの内容からアンケート作ったので良かったら答えてください\(^^)/