Never Ending Wonderful Story

振り返らず前に進もう もしまた迷っても向こうへ

超ミーハーが箱根駅伝にはまった理由。


*この記事は自分でも酷いなと思うほど超ミーハーな記事です。ご了承の上、読んで頂けたら幸いです。

皆さんにはこんな経験あるでしょうか、昔家族が好きだったものを嫌っていたが今ははまってしまう、みたいなこと。
実は私にとって箱根駅伝はまさにそうでした。産まれた時から熱狂的巨人ファンの母親に育てられた影響で野球を始め割とスポーツ全般に渡って興味があって中学生の頃から毎日祖父が買ってきてくれるスポーツ紙を読むのが楽しみでもありました(言わずもがな芸能面も含んでいる)。しかしそんな私でも小・中学校の頃、お正月におじいちゃんが見ていた箱根駅伝だけはあんまりはまらず「駅伝なんかおもんない、早くチャンネルを変えたい!」って思ってました。

しかし、こんな私でもやはりスポーツ紙を読んでいると"山の神"たるものが東洋大学にいる、ということを知りました。その人は4年連続山で区間賞を取っていてそのうち3回は区間新記録で1年生の時には4分半あった差を逆転して往路優勝など、とその頃はそれがどれだけすごいことなのか全くわかっていなかったけど新聞やテレビの報道の大きさから見てこの人は只者では無いんだ、と思ったのが東洋に興味を持った最初のキッカケです。
それから箱根駅伝について詳しく調べれば調べるほど"山の神 柏原竜二"は誰も寄せ付けさえしない、圧倒的でまさに山の*1のような存在であるとわかりました。

でももう時は遅し、気づいた時には彼が卒業してから2回目の箱根駅伝でした。私は初めてじっくり箱根駅伝を見ました。この第90回 箱根駅伝東洋大学*2は本当に強かった。双子の設楽兄弟、1年違いの服部兄弟。2日目の弾馬が足に違和感があるって言ったもんだから勇馬がめちゃくちゃ心配して一睡も出来なくて当日泣いちゃったとかもあったしこの年から本格的に箱根駅伝にはまりました。箱根は私にとって夢を見せてくれるところ。同世代の選手がそれぞれの母校の襷を必死に繋げているのを見ていると私も頑張ろうって思わせてくれる。
初めは何もわからなかったけど、今年もあった涙の繰り上げスタートとか先述の90回箱根駅伝であった途中棄権とかで襷が途切れてしまうことがどれだけのことなのかもわかるようになってきた。

残念ながら、今年も東洋ではなくて青山学院が優勝したけど、東洋の皆さんナイスランでした。少なくとも私はすごい勇気をもらえました。勇馬、最後の区間賞おめでとう。そしてキャプテンとしてチームをまとめてくれてありがとう。また来年、今度は弾馬の番。期待してます。

それにしても高校卒業する時に「ああこれから夏の甲子園に出てる選手が全員年下になってしまうんだな」って思ったけどあと2年で箱根に出てる選手も年下になってしまう…。怖い。恐ろしすぎる………。

*1:去年今年と青山学院大の神野さんが新 山の神と言われているけど私の中では柏原さんただ1人

*2:大好きだったメンバー、一応写真を貼っておくf:id:maria-g7:20160104224113p:image